どうしても苦手な患者さんがいつ時、あなたはどうしますか?担当を変えてもらいますか?誰かに相談しますか?何とか乗り越えますか?

患者さんに対しては平等に…常にそう心がけていますが、やはり人間ですから性格の合う合わないはありますよね。

 

だから、中には本当に合わないって思う患者さんもいます( ;´Д`)

 

しかし、この患者さんは苦手だからと担当を変えてもらうというのは、プロとしてどうなんだろうって思ってしまいますね。

 

苦手と思うには、何かそれなりの理由があると思います。

 

態度が嫌だとか、言動が気に入らないとか、相手に毛嫌いされているようだ…とか。

 

人は苦手と思うと、相手にもそれが伝わってしまいますよね。

 

相手に嫌われているようだとか、この人は自分と合わない…そんな意識は相手にも伝わってしまうものです(´・Д・)」

 

だから、まずは自分の苦手意識をなくす努力をします。

 

患者さんの態度や言動が気に入らないというのは、相手に多くを求め過ぎてしまう心からくるものです。

 

看護師は仕事として病院で働いていますが、患者さんは好きで病院にいるわけではありません。

 

ですから、看護師に対して受け入れてもらおうとする努力は義務づけられてはいませんよね。

 

それに対して、看護師は患者さんとの信頼関係を築くことを求められています。

 

ですから、患者さんに受け入れてもらう努力は必要になるんですよね。

 

苦手意識は自分で作り出すものですから、受け入れられる努力をし、患者さんを受け入れようとする気持ちがあれば克服できるかもしれません(^o^)

 

ですから、まずは何とか乗り越える努力をします。

 

しかし、患者さんがどうしても受け入れてくれない場合もあります。

 

そんな時は、無理に近寄ろうとすることが逆効果になることもあります(;´Д`A

 

患者さんにとってそういったことから生まれる不快感は、治療の妨げにもなります。

 

そんな時は、無理に意地を張らずに主任や師長に相談した方がいいですよね。

 

主任や師長に間に入ってもらったりすることで関係が良くなることもあるかもしれません。

 

どうしても関係が良くならないと判断された時は、担当を変えてもらうことも必要かもしれませんしね。

 

苦手と思って逃げることは簡単です。

 

しかし、それでは自分自身も成長できません。

 

せっかくなら、自分自身も成長しながら患者さんとの関わりを考えていきたいですねd(^_^o)